12月 24, 2016

チラシを使って自分のサービスを売り込もう

チラシを効果的に活用するためには、まず自分自身の売り込みたい商品・サービスについてよく知ることが重要です。その為に、その商品やサービスのどこに強みがあり、使用する消費者や顧客がそれを使用することによってどの様なメリットや効果があるのかをしっかり把握する作業をまず第一に行います。そしてその商品・サービスにニーズを感じるであろうターゲットの設定を行います。ターゲットが明確になると、次に把握した強みを全面に出すチラシを作成していきますが、デザインはその中でも重要な役割があります。

まず、対象のターゲットの世代によりデザインは変わります。また男女どちらをターゲットにするかによって男性的なイメージのデザインなのか、女性らしいものなのかで変わってきます。デザインを決める要素は他にもあります。安心を与えたいのであれば落ち着いた雰囲気のデザインにしなくてはいけません。逆に今までにない画期的な商品という事を第一に訴えたい場合には奇抜なデザインで訴える事も必要になります。

さらにその商品が日常生活品なのか、それとも贅沢品なのかによってもデザインは変わります。日常生活品の場合には、安価なイメージを出来るだけ前面に出す必要があります。逆に贅沢品の場合には、基本的にその商品関係に興味が無い人はチラシを見ないものとして作成する必要があります。効果的なチラシにするためには、標的とするターゲット層について考え抜き知り尽くすことが重要です。そのための項目は以下のものがあります。

まずはそのターゲットは何を問題点としているのか。痛みなのか、不便さなのか等について考えます。そしてこの解決に向けてこの商品がどのくらい役に立つのかを考えます。チラシを見て何かしらの効果を覚えなければ、すぐにそのチラシは捨てられてしまいます。ターゲットが望む答えを全面に押し出したチラシとし、且つそれに沿ったデザインとすることで効果的な広告効果を得る事が出来ます。