1月 2, 2017

期待出来るチラシとは

チラシは散らすという言葉が語源なだけあり、沢山作成し沢山配られる特徴があります。ですので上手く活用できれば、相当な広告効果も見込めるでしょう。

基本的には新聞に折り込まれているイメージがありますが、街で配られるビラやポケットティッシュの台紙などもチラシとして扱われます。手に取りやすいサイズ感も魅力ですから、そこも活用するためのポイントです。まずやはり一番重要なこととしては、デザインがあります。そのチラシが何の広告なのか、そして自然と目に入ってくるようなものなのか、これらは最低限備わっておかなければいけない要素です。ですから思い切り派手な色合いを使ったり、大きな文字で伝えたい内容を端的に記載するのが効果的です。何せチラシは小さい範囲に色々なメッセージを込めてしまうと、見にくくなる上に目も通さず捨てられてしまうリスクも高まります。

こうなると本末転倒ですから、目的や主題となるポイントをシンプルに表現できるよう考えていきましょう。それから不特定多数の人をターゲットにできるのも、チラシの魅力と言えます。これにより潜在的に興味や購買意欲を持っている人たちへの、行動のキッカケにすることが可能です。つまり何かチラシ内に文言を入れる場合には、読み手をあまり限定的にせず多様性のあるキャッチコピーを取り入れるといいでしょう。

そうすれば、自然と内容を読んでくれる人の数も増えていきます。チラシはある特定の短い期間に、限られた地域だけを対象に配るのにも向いています。ピンポイントで広告を展開したい場合には、少ないコストで大量生産できるチラシはまさに最適です。逆に言えば、ローカルな情報を入れることでより効果的な広告になります。内容を見た人たちも近場に関する広告なら実際に行動に移すことへの抵抗感が少なくなり、集客や収益への期待が持てるようになります。ここでもデザインには強い主張を、メッセージにはシンプルさを忘れなければ、広告としてしっかりと活用できるようになるでしょう。