1月 24, 2017

チラシ広告戦略で客足が増えました

チラシデザインにこだわってよかったことは、客足が増えたということです。チラシによる宣伝は前々からずっと行っていたのですが、その効果がいまいち感じられないものでした。対してお金がかかるものではありませんでしたから、何もしないより良いと思ってやっていたのですが、全く効果がないのであれば無駄ですから、やめてしまおうかなと考えていたのです。

それにしてもなぜ効果がないのだろうかとある時考えていると、外のチラシと比べてインパクトに弱く目もくれずに処分されてしまいそうな感じがあることに気づいたのです。自分としてはそれなり丁寧に作っていたつもりだったのですが、見比べてみると丁寧かもしれませんがチラシとしての宣伝効果は弱い感じで目を通してみようという気にならないことがわかったのです。あまり主張が強いのもどうかなという考えもあったので、少しおとなしめにしてしまっていた部分があったのですが、チラシというのは見てもらってこそ意味のあるものですから多少主張をし過ぎでも目につく方が良いのではと思いました。

そこで、少しチラシデザインに工夫をこらしてみることにして目を引く感じに仕上げてみることにしたのです。そのようにいっても素人ですからできることはたかが知れているわけですが、新しくできたものはそれまでのものと違って多少は印象に残る感じで、少なくとも軽くでも目を通してみようという仕上がりになりました。

後はどの程度効果があるかと考えていたところ、チラシを刷新してからは客足が伸びてはっきりと効果があるということがわかったのです。その時に別の何かをしたというわけではありませんでしたから、チラシの効果であることは間違いなくデザイン一つ変えるだけでここまで差が生まれるのかと驚いてしまいました。この時の成功がきっかけでその後もチラシを作るときには、目を引きやすくそれでいてわかりやすいチラシデザインを心がけるようにした結果十分な宣伝効果が生まれたのです。