11月 25, 2016

チラシを広告として効果的に活用する方法

広告には様々なバリエーションがありますが、その中でもチラシは、不特定多数の人にアピールできるという特徴を持っています。また、保管され、見直されるという可能性もありますので、詳細な情報をしっかりと記載できる広告媒体でもあるでしょう。

しかし、実際にポスティング配布などを行った場合、その他の数多くあるチラシのなかに、埋もれて目につかなくなってしまうという可能性もあります。チラシで効果的に広告を行うためには、思わず目を引き、読んでみたくなるというような、デザインが重要となります。

一般的に、チラシに目を通す時間は3秒程度といわれており、この3秒間の間に、しっかりと読み手の注意を引き込まなくてはなりません。内容に興味を持つようなタイトルや見出しと、それを際立たせるデザインがあれば、受け取った側の目を引きつけることができるでしょう。

どのような内容をアピールしたいかによっても、効果的となるデザインは変わってくるものです。飲食店などのチラシの場合、文字よりも実際にお店で供されるお料理の写真などのほうが、強く気を引くかもしれません。また、割引きクーポンなどが付いている場合、何割引き、あるいは何円引き、という文字が最も目を引きやすいかもしれません。

実店舗に足を運んでもらうことが最終目標の場合は、お店に来ることのメリットがしっかりと伝わること、そして写真などから店内の雰囲気を読み取れることが大切となるでしょう。デザインによって、実際のお店のイメージがきちんと伝わっているかどうかも、大切な要素です。

通信販売など、直接お店に来ることを目的としていない場合は、商品の魅力をいかにアピールできるかが重要なポイントとなるでしょう。その商品を手に入れることによって、どんなメリットを得ることができるのか、あるいはどんな問題を解決できるのか、そういった点がひと目で伝わるように、工夫されたチラシは、高い効果をもたらしてくれるでしょう。